加藤 出レポート

Kato's Report

本レポートは、金融市場のプロフェッショナル向けに、日銀ウォッチング、Fedウォッチング、金融市場分析などを中心に解説したものです。

「ウィークリー」は、日経QUICK及びブルームバーグの専用端末にてご覧になれます(ブルームバーグ端末では「TOKR」で最近のバックナンバーと英語版がダウンロードできます)。

なお、東京短資㈱及び東短グループのお取引先様で本レポートにご興味をお持ちの方は、弊社グループの御社営業担当までご相談下さい。

加藤 出(かとう いずる)
東短リサーチ(株)代表取締役社長チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを兼務後、2013年2月より現職。
マネーマーケットの現場の視点から日銀、FRB、ECB、BOE、中国人民銀行などの金融政策を分析している。
2007~2008年度東京理科大学経営学部非常勤講師。
2009年度中央大学商学部兼任講師。

著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年、2009年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)、「日銀『出口』なし!」(朝日新書、2014年)、「図解とQ&Aですっきりわかるマイナス金利」(監修、宝島社、2016年)など。主な連載コラムに週刊ダイヤモンド「金融市場異論百出」、日本経済新聞電子版「マネー研究所カリスマの直言」、日経ヴェリタス「異見達見」、毎日新聞「経済観測」など。

テレビ東京「モーニング・サテライト」、BS・TBS「Bizストリート」、BSジャパン「日経プラス10」、NHK総合「視点論点」などにコメンテーターとして出演。

2019年8月9日号

米中貿易戦争の行方&中国為替介入状況

    1. 側近に耳を貸さないトランプ米大統領のリスク
    2. クルーグマン:経済にとって最大の問題は「タリフ・タントラム」の予測不能性
    3. 米中はどうしたら合意できるのか?FRB、日銀は?
    4. 米当局による「ドル売り人民元買い介入」の大義名分は?
    5. (余談)50周年NYプライド・パレード:銀行はじめ大手企業が軒並み参加する時代

2019年8月1日号

今週のFOMC&日銀決定会合レビュー

    1. FOMC前に多数の元FRB幹部がパウエルに“激”を飛ばす異例の展開
    2. 「保険」利下げは1回で打ち止めとは限らないものの、データとリスク状況次第
    3. 日銀:“躊躇なく”と強調するが、FRBのスタンスが確認できたため当面様子見か

2019年7月26日号

MMT議論(2)米国では下火、日本で話題

    1. 米国では下火のMMTなのに日本で話題
    2. 米議員:サンダースすら「米国民全員が政府債務を心配すべきだ」
    3. MMT支持のオカシオ・コルテス下院議員の影響力は?
    4. (余談)B級グルメ探訪:とんこつラーメン「一蘭」タイムズスクエア店

2019年7月12日号

FRB・日銀ウォッチ&常設レポ制度

    1. FRBウォッチ:「保険としての利下げ」が裏目に出たら?
    2. SOFR安定化が目的と推測されるFRB固定金利式常設レポ制度
    3. 日銀ウォッチ:FRBの利下げが「保険」の範囲なら“小技”でしのぐ
    4. (余談)B級グルメ探訪:ハッピーアワー日米比較

2019年7月5日号

米国出張中メモ:雇用統計後のFRB&SOFR

    1. 本日の雇用統計後のFRB政策見通し
    2. 6月に取引が急増したLIBOR代替指標「SOFR」:しかし使い勝手は今後の課題
    3. (余談)ニューヨーク地下鉄のコンタクトレス対応新システム「OMNY」

2019年6月28日号

新紙幣切り替え・キャッシュレス事情(2)

    1. イギリス:非接触式デビットカードの劇的な普及で現金流通高の伸びが急失速
    2. 英議会財務委員会は「夢中歩行」でキャッシュレス社会に進んでいく現状に警告
    3. マイナス金利深掘りのための現金廃止は当面不可能
    4. (余談その1)政府・中銀から紙幣印刷を請け負う専門業者
    5. (余談その2)キャッシュレス雑感:QR、非接触式カード、生態認証、電子チップ

2019年6月14日号

FRB「保険としての利下げ」が現実化する条件

    1. 先週の雇用統計を経て早期利下げ観測が台頭しているFRB
    2. クラリダ副議長はグリーンスパン時代の「保険としての利下げ」を褒めるが・・・
    3. (余談)やはり埼玉で観ると違う映画「跳んで埼玉」

2019年6月6日号

FRB利下げ判断の焦点&洗濯機便乗値上げ

    1. パウエルFRB議長「緩和示唆発言」と日銀金融政策の限界
    2. 対中関税の打撃を和らげる企業の必死の工夫、メキシコとの対立は遠からず軟化?
    3. 関税引き上げ後の米国洗濯機価格:同様の便乗値上げが今後発生するかも
    4. (余談)「米国における日本食レストラン動向調査その2」とNY撤退となった寿司屋

2019年5月31日号

FRB「令和時代」の人口減とMMT論争(1)

    1. 中立「令和時代」の厳しい人口動態:“レッドオーシャン”が益々増える恐れ
    2. MMT論争:人口動態が全く異なる米日ではソフトランディングの難易度が違う
    3. (余談)ジェトロ「米国における日本食レストラン動向調査」その1

2019年5月7日号

FRB:インフレ目標の取扱いと長期戦略議論

    1. 中立スタンス維持のFRB:コアPCE1%台半ばを許容する理由は?
    2. パウエルらが好む「刈込み平均PCE」の利点・弱点
    3. 資産バブル過熱回避とインフレ目標のバランスを模索している様子も
    4. スタンフォード大学カンファレンス「金融政策にとっての戦略」
    5. (余談)ブロードウェイ・ミュージカルのダイナミック・プライシング

2019年4月25日号

新紙幣切り替え・キャッシュレス事情(1)

    1. キャッシュレス化が日本より進んだ国でも新紙幣に切り替え
    2. 現金流通高が増えている国は実は多い:中国、韓国、インドも
    3. スウェーデンですら最近現金廃止に慎重論、日本はなおさら困難かと・・・
    4. (余談)京都散策とB級グルメ:レンタル着物、牛テール、京都ブラックサンダー

2019年4月23日号

消費に悪影響をもたらすインフレ予想上昇

    1. 消費マインドを委縮させてしまうインフレ予想の高まり
    2. 残念ながら加速しにくそうな中高年の賃金上昇ペース
    3. 米国では賃金が伸びているのにインフレがなかなか2%を超えない、となると・・・
    4. 今週の日銀金融政策決定会合見通し
    5. (余談)大阪散策とB級グルメ:4800円寿司パック、ダイコク・プリンセスなど

2019年3月29日号

歴代総裁で最も緩和余地がない黒田総裁(2)

    1. インフレ目標が遠い原因②:円安による物価押し上げ効果の限界
    2. 金融セクターから輸出製造業への「利益移転」がインフレ率上昇につながらない
    3. (余談)「マルちゃん」13円値上げでなぜそこまで悲鳴が?円安誘導批判も

2019年3月20日号

FRB資産縮小停止後のオペ注目点整理

    1. 資産縮小停止後のオペの枠組み:国債買入方法、平均残存期間、常設レポ制度は?
    2. 「QT懸念」を無視したまま資産縮小停止に向うFRB 
    3. 今のFRBは「ハト派」ではなく「中立」:議長記者会見で特に重要なのは冒頭説明
    4. (余談)B級グルメ探訪:東京虎ノ門における生ビール100円の破壊的居酒屋

2019年3月5日号

歴代総裁の中で最も緩和余地を持たない黒田総裁(1)

    1. 異次元緩和は7年目に入るのに依然として全く見えないインフレ目標達成
    2. 歴代総裁の中で最も緩和余地を持たない黒田総裁
    3. インフレ目標が遠い原因①:消費者を生活防衛的にする伸びが弱い賃金と将来不安
    4. (余談)ちょっとの値上げでも客が離れるB級グルメ・チェーンの苦悩

2019年2月22日号

問題山積の「マイナス金利貸出&深掘り」(2)

    1. 北欧のように保険、年金、企業、政府の預金金利を深いマイナスにできるか?
    2. 日本はマイナス金利が世界一効きにくい国:深掘りは日銀法違反になり得る
    3. 自国通貨安狙いのマイナス金利を鋭く批判したカーニーBOE総裁
    4. (余談)ビバリーヒルズにも激安店、UBERも圧倒的安さ、日本の物価はまだ下がる?

2019年2月12日号

問題山積の「マイナス金利貸出&深掘り」(1)

    1. 銀行にとって“悪夢”となり得る「マイナス金利貸出」
    2. ECBがマイナス金利のTLTRO2を決定したときと今の日本の状況は真逆
    3. マイナス金利での資金貸出利用ゼロが続くスウェーデン中銀
    4. (余談)ダイナミックプライシング勝手導入の中国高速鉄道弁当

2019年1月30日号

QT懸念とは全く別のFRB・BS縮小停止待望論

    1. リーマン危機前には戻れないFRB資産規模:準備預金以外の「債務」が急増
    2. LCR規制のHQLAなどによる準備預金需要の高まり
    3. 準備預金1兆ドルを割らせないなら資産縮小停止は2020年春までに?
    4. “QT戦犯論”は「マネタリー・シャーマン」バーナンキの負の遺産
    5. (余談)学食探訪:箱根駅伝優勝でも控えめな東海大学高輪キャンパス

2019年1月4日号

貿易戦争の行方(2)「超大国の不安定な平和の時代」

    1. 1980~90年代における米日通商摩擦との強い類似性
    2. 米国が日本の“経済侵略”を当時我慢しなくなった背景
    3. “中国叩き”の動機・目的が凝縮されているペンス米副大統領講演
    4. 清華大学教授:最悪の事態にはならないが「二つの超大国の不安定な平和の時代」
    5. (余談)上海年末風景:アップルよりファーウェイが人気、「お見合い広場」の熱気
TOPへ戻る