レポートアーカイブ

Report Archives

2015年アーカイブ

2015年12月30日号

2016年の日銀金融政策の動向(1)

  1. 「第2フェーズ」に移行しつつある日銀QQE
  2. 日銀が国債をより大量に買ってもすぐには「望ましい2%インフレ」にならない
  3. (余談)eコマース、シェアリング・エコノミーがもたらす苛烈な値引き競争

2015年12月22日号

利上げが続かなかった中銀とは違う?FRB

  1. 他の中銀と異なり、株価インフレを起こしてから利上げに入ったFRB
  2. 過去3回より遅い利上げペース:2年以内にゼロ金利に戻る確率は?
  3. (余談)ロンドン金融街近くのB級グルメ・ゾーン

2015年12月20日号

FRB利上げペースと日銀追加緩和の今後

  1. 日本経済新聞Web刊コラム(12月20日掲載)
    「米利上げ、16年は波乱シナリオも
  2. 会員登録が必要となりますが、よろしければ以下のURLからご覧下さい。
    http://www.nikkei.com/money/column/moneyblog.aspx?g=DGXMZO9528679018122015000000&n_cid=TPRN0001

2015年12月15日号

シャーマンの今後、ECB内対立、シリア難民

  1. “シャーマン・イエレン”の手腕に期待せざるを得ないECBと日銀
  2. ロンドンとフランクフルト、対照的なECBへの反応
  3. ドイツにおけるシリア難民問題
  4. (余談)B級グルメ探訪:「ラーメン大好き小泉さん」とフランクフルトのラーメン屋

2015年12月10日号

書評「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」など

  1. 「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」
    [著]入山章栄 [掲載]2015年12月06日
    http://book.asahi.com/reviews/column/2015120600017.html
    ■最新の知見を実務家に紹介
  2. 「イーロン・マスク―未来を創る男」
    [著]アシュリー・バンス [掲載]2015年10月18日
    http://book.asahi.com/reviews/column/2015101800015.html
    ■破天荒な経営者の半生描く

2015年12月3日号

中国:拡大する中間層とネットビジネス(1)

  1. 「2つのチャイナ」を実感させられた中国出張
  2. 中間層の拡大が消費の姿を変えてきている
  3. 労働年齢人口は減っても増加する中間層:しかし「ブラジル化」は危険
  4. (余談)北京郊外の中古高級外車市場:1年半落ちロールスロイスが1.2億円

2015年12月1日号

日銀が注目する新しいコア物価指標

  1. 日銀が注目する新しいコア物価指標
  2. 「品目別価格変動分布の最頻値」は2%がまだ遠いことを表している
  3. QQEの効果を主張しつつも現実路線に傾いている日銀
  4. (余談その1)B級グルメ探訪:第5回神田カレーグランプリ
  5. (余談その2)有楽町のタイ料理屋が提供したという謎の「SDR」

2015年11月20日号

米金融規制強化とQQEのミスマッチ(2)

  1. 外銀の資金調達リスク監視は不十分だったと述べたタルーロFRB理事
  2. FRBにとって微妙な存在になりつつある海外中銀のドル資金供給オペ
  3. (余談)「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に見るインフレ予想と日本経済

2015年11月10日号

米金融規制強化とQQEのミスマッチ

  1. 米金融規制当局と日銀QQEの方向性が真逆ゆえに生じるドル調達コスト上昇
  2. 金融規制強化が招いた流動性低下に怯える市場参加者
  3. 四半期末ごとに大荒れとなる米国の短期金融市場
  4. (余談)ニューヨークB級グルメ探訪:70~80年代風韓国焼肉屋

2015年10月7日号

米雇用統計、日銀追加緩和判断、李克強指数(2)

  1. “李克強指数”が「時代遅れ」となった理由は「2つの中国」
  2. (余談)中国のeコマース事情と北京ハイテク・ハブ「創業大街」

2015年10月6日号

米雇用統計、日銀追加緩和判断、李克強指数(1)

  1. なぜFRB幹部は市場参加者ほど先週の雇用統計にショックを受けていないのか?
  2. 際どさはあるものの、日銀は現時点では10月中の追加緩和に消極的だろう

2015年9月24日号

FOMC後のFRB幹部発言の整理

  1. ドット・チャート:実は半数近くがゼロ金利解除を主張していた模様
  2. FOMC後の地区連銀総裁発言:中国経済に比較的楽観的
  3. (余談)隣の県なのに「嵐」20万人コンサートの余波が・・・

2015年9月18日号

FRBも遠いが日銀はより遠い「安定的2%」(1)

  1. 年内利上げを示唆するFRBの動向に気を揉む日銀
  2. コチャラコタと思われるマイナス金利政策の主張
  3. 好対照となっている日米のモノとサービスのインフレ状況
  4. (余談)B級グルメ探訪:阪急三番街のインデアンカレー

2015年9月16日号

接戦模様のFOMC、3つの選択肢と注意点

  1. FOMCの利上げ議論は接戦模様:3つの選択肢と反対票動向
  2. 技術的注意点:ドット・チャート、実施メモ、FF金利水準、新金融規制、債務上限
  3. (余談)学食探訪:延世大学ズンドゥブチゲ定食と韓国就活事情

2015年9月9日号

書評「シェアリングエコノミー」

  1. 朝日新聞ビジネス書紹介(2015年9月6日掲載)
    「シェアリングエコノミー」
    ([著]宮崎康二、日本経済新聞出版社)
    ■人とモノを活用する新潮流
  2. 以下のURLをクリックしてご覧下さい。
    http://book.asahi.com/reviews/column/2015090600017.html

2015年8月28日号

FRB利上げ開始を巡る論点整理(1)(2)

  1. 金融政策スタンスは大きく変えていないと推測されるFRB
  2. 7月FOMCで実は始まっていた利上げカウントダウン
  3. FRBにとってそんなに悪くないアメリカのインフレ状況
  4. (余談)「テストの珍回答傑作選」その1

2015年8月19日号

スタバ価格で見れば自然な人民元下落

  1. 輸出振興策ではなかった先週の人民元切り下げ
  2. 中国に好意的なIMF:SDRバスケット入りがまた一歩近づいた様子
  3. スタバのラテ価格で見ると、先週の人民元下落はむしろ自然
  4. (余談)株価暴落後もなぜ続く?中国人観光客の「爆買い」

2015年8月12日号

中国人民元切り下げの本当の背景

  1. 昨日来の人民元レートの下落は、実は「改革の新たな一歩」の可能性
  2. 自動車販売の急激な低迷は、値下げを期待した一時的買い控えが主因か
  3. (余談)中国人観光客の「爆買い」を巡る大阪タクシー運転手との会話

2015年7月27日号

問題が多いマイナス金利政策(1)

  1. スイスで高額紙幣の流通額が今年急上昇
  2. 金塊と1000フラン札はどちらが嵩張らないか?
  3. 現金引き出しを制限され、マイナス金利に苦悩する年金ファンド
  4. (余談)ビジネス書2冊:著名人の卒業式演説集と社内政治指南書

2015年7月22日号

アップル・グーグルが握る日本国債「暴落リスク」の命運

  1. 週刊ダイヤモンド連載「金融市場異論百出」のお知らせ
    URLをクリックしてご覧下さい。
  2. アップル・グーグルが握る日本国債「暴落リスク」の命運
    2015/07/22
    http://diamond.jp/articles/-/75233
  3. その他の最近の主な同コラムです
  4. 黒田総裁の言葉につきまとう日銀の“ピーターパン的”宿命
    2015/06/29
    http://diamond.jp/articles/-/74005
  5. 第二のジャック・マーを求めて中国がつくった「創業大街」
    2015/06/16
    http://diamond.jp/articles/-/73211
  6. 企業や店が客を選別する英国、クレーム対応で利益が細る日本
    2015/05/13
    http://diamond.jp/articles/-/71310

2015年7月18日号

ビジネス書評「JTのM&A ~日本企業が世界企業に飛躍する教科書」

  1. 朝日新聞(7月19日掲載)ビジネス書コラム
    ■海外事業成功の秘訣を解説
    「JTのM&A―日本企業が世界企業に飛躍する教科書」
    新貝康司著、日経BP社
  2. URLをクリックしてご覧下さい。
    http://book.asahi.com/reviews/column/2015071900018.html

2015年7月10日号

ギリシャ財政改革案と地政学リスク

  1. ギリシャの経済規模は日本の中国地方かアメリカのデトロイト地域ぐらい
  2. 反対の閣僚が2人いるが財政改革案を提出したギリシャ政府
  3. なぜギリシャ人は「金を貸したドイツ人が悪い」というのか?
  4. 地政学上のリスクを懸念するトリシェ元ECB総裁、オバマ米大統領
  5. 加盟国の財政上の救済を禁じるEU条約
  6. (余談)六本木のヒップホップ系ギリシャ料理店長

2015年7月6日号

ギリシャ「平行通貨導入」と不満の背景

  1. アテネに住む人のチプラス政権に対する感覚
  2. ヴァルファキス財務相は1週間後の平行通貨発行を示唆
  3. ギリシャ内の経済不平等が不満の大きな背景
  4. (余談その1)ヴァルファキスの世界的宣伝効果に喜ぶ?SHOEIヘルメット
  5. (余談その2)“中国のバフェット”氏のその後

2015年6月22日号

中国株式市場の乱高下とリコノミクス

  1. 「中国のバフェットと呼ばれちゃってね」
  2. 株価急騰の背景:政府系メディアの露骨なチアアップ
  3. 当局は歓迎している可能性がある先週の株価急落
  4. 地方政府債務問題、汚職摘発のテールリスクは大幅後退:年後半は政府支出増大か
  5. 人民銀行がQEを行う可能性は?:アベノミクスとリコノミクスの本質的違い
  6. (余談)学食訪問:東京渋谷の國學院大學

2015年6月15日号

FOMCプレビュー&先週の黒田総裁発言

  1. 今週のFOMC:利上げパスに影響を与え得る自然失業率見通しの低下
  2. 為替市場に衝撃を与えた6月10日の黒田発言の一部始終
  3. しかし、昨秋と明らかに異なる黒田総裁の為替相場に対する発言
  4. (余談):「FBIに連行される宇宙人」とドイツ人の悪ふざけ

2015年6月11日号

ビジネス書評「2023年の中国」

  1. 朝日新聞ビジネス書評
    『2023年の中国~習近平政権後、中国と世界はどうなっているか?』
    [著]徐静波、作品社
  2. http://book.asahi.com/reviews/column/2015060700016.html

2015年6月9日号

FRBリフトオフ後の世界(2)

  1. 「年内利上げ開始」派をサポートした5月雇用統計
  2. 今後の政策金利は、リバースレポやIOERでなく、新しいFFエフェクティブ金利
  3. ユーロドル取引も含めたオーバーナイト指標金利“OBFR”も登場予定
  4. IOER(超過準備への付利)と準備預金積み立て期間
  5. (余談)B級グルメ探訪:超高級ステーキ店系列の800円ビーフカレー

2015年6月5日号

円安が殺ぐ消費マインドの改善

  1. 所得が少ない人ほど、消費マインドが過去2年で悪化している
  2. 中低所得層の異様なインフレ予想の高まり
  3. (余談)学食探訪:立教大学と江戸川乱歩邸

2015年6月2日号

B級グルメ番外編:ECB絶景レストラン「ユーロ・サンセット」の予約は可能か?

  1. 日本経済新聞電子版に「ECBの『幻レストラン』が示す欧州の苦難」を寄稿しております(5月31日付)。
  2. ECB新本部ビルの41階に、一般の人も利用できるレストランが開設されると、ドイツの高級紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングが4月初に報じた。
    ユーロ圏19カ国の料理が、アルファベット順に、週替わりで登場するという。
    しかし・・・
    http://www.nikkei.com/money/column/moneyblog.aspx?g=DGXMZO8729685026052015000000

2015年6月1日号

FRBリフトオフ後の世界(1)

  1. 為替市場の反応とFRBのメッセージとの間にずれが・・・
  2. デジャヴのような感覚も:リフトオフ後にゼロ金利に戻る確率は?
  3. 公定歩合即時引き上げを主張する地区連銀はなんと4行に:利下げも1行
  4. (余談)B級グルメ探訪:清水の「もつカレー煮込み」と三保の松原の「おでん」

2015年5月8日号

QQEの検証、原油価格、FRB幹部発言

  1. マネタリーベース・円安よりも実質金利低下を強調する「QQE:2年間の効果の検証」
  2. 原油価格下落はいつ経済を押し上げるのか?
  3. FRB幹部発言の整理:第1四半期の停滞は「以前見た映画」となるか
  4. (余談)世紀の対決「メイウェザー対パッキャオ戦」の前後

2015年5月1日号

日銀追加緩和策を制約するTPA・TPP

  1. 安倍首相訪米に合わせてワシントンポストに掲載されたTPP反対の全面広告
  2. 日銀はQEで近隣窮乏化策を進めているというアーサー・ラッファー
  3. ヒラリーにTPA・TPP反対を迫る全米最大労組団体
  4. (余談)学食探訪海外編:台湾大学

2015年4月24日号

日銀の対話が分かりにくい理由(1)

  1. 期待に働きかける政策の限界:FRBのケースと日銀のケース
  2. 昨年10月とは方向性が異なっている日銀の最近の情報発信
  3. (余談)B級グルメ探訪:レジェンド化している日本橋室町の「印度風カリーライス」

2015年4月20日号

「止まらないQQE」と「ふるさと納税」

  1. 映画「新幹線大爆破」と3年目に入ったQQE
  2. 「ふるさと納税」の豪華景品競争:電動アシスト自転車、ダイソンの掃除機も!

2015年4月6日号

超富裕層が少なくて、貧困率は高い日本

  1. 日本経済新聞電子版に コラム「成長戦略で超富裕層を増やせ」を寄稿しております(4月5日付)。
  2. 米フォーブス誌の超富裕層(資産10億ドル以上)ランク2015年版を見ると、上位はアメリカ536人、中国(本土)213人、ドイツ103人だった。
    日本は僅か24人である。
    人口730万人の香港、810万人のスイスでさえ、55人と29人もいる。
    人口1億人あたりに換算してみると日本は18.9人。
    福祉国家の北欧ですら、スウェーデン236.9人、ノルウェー194人である。
    しかしながら日本の貧困率は高く、ワーキングプアの比率は先進国の中ではギリシャに次ぐ2番目の高さだ。
  3. 会員登録が必要ですが、よろしければご覧になって下さい。
    http://www.nikkei.com/money/column/moneyblog.aspx?g=DGXMZO8514222001042015000000

2015年3月25日号

AIIB騒動は「パワーシフト」の象徴か

  1. 独有力紙「21世紀のパワーシフトを示唆している」
  2. AIIBが支持を集めた理由:実際不足しているインフラ開発資金、巨大な中国経済
  3. 「そこまでやる?」というくらい中国にラブコールを送る英国:数学教育の指導も仰ぐ
  4. (余談)上海B級グルメ探訪:中国流「おもてなし」で人気の2つのチェーン店

2015年3月18日号

TPPと日銀追加緩和&FOMC注目点

  1. 日銀がもし春に追加緩和を行ったらTPP交渉は決裂だろう
  2. 今日のFOMCの注目点:「忍耐強く」は削除へ、IOERの準備預金積立期間内変更は?
  3. (余談)フランクフルトのECB新本部タワー

2015年2月24日号

“赤い駅馬車”による銀行ブランド戦略

  1. 世界銀行ブランド・ランキング
  2. 赤い駅馬車が展示された歴史博物館
  3. 「顧客は銀行の商品だけでなく銀行のブランドを購入している」

2015年2月17日号

円安誘導に日銀が躊躇し得る理由

  1. 円安で財布の紐を締める年金世帯
  2. 昨年とは違う米企業の為替レートへの不満
  3. 不正な日本の為替操作で雇用が90万人失われたと主張する米有力シンクタンク
  4. 日銀は秋まで様子見か:FRBの動向が大きな材料

2015年2月12日号

マイナス金利下の住宅ローン市場の混乱

  1. マイナス金利政策の副作用が懸念され始めたデンマーク
  2. 中銀資産のGDP比はスイスより遥かに小さいが・・・
  3. 銀行収益の悪化、リテール預金へのチャージ開始、住宅ローン市場の混乱
  4. (余談)B級グルメ探訪:山形県上山温泉の公衆浴場と「雪見そば」

2015年2月3日号

長期金利ペッグ、SNB当座預金と介入

  1. “非公式コリドー”形成を目指してSNBは市場介入か?
  2. ドイツが財政黒字の中、ECBはどこまで資産を拡大できるか?
  3. 長期金利ペッグ政策も中銀バランスシートを制御不能にする
  4. レバレッジ・レシオ規制で外銀のFRB準備預金が大幅減少
  5. (余談)B級グルメ探訪:JR御徒町駅の「ミルクスタンド」

2015年1月23日号

ECB「1.14兆バズーカ」への各国の反応

  1. 加盟国によって反応さまざまなECB「1.14兆ユーロ・バズーカ」
  2. ECB資産購入プログラムのポイント:マイナス金利とQEは矛盾しないのか?
  3. (余談)B級グルメ探訪「東海道新幹線開通50周年記念キットカット」

2015年1月21日号

プラス金利をなくす政策は正しいのか?

  1. プラス金利をなくす政策は本当に正しいのだろうか?
  2. 本日の金融政策決定会合見通し

2015年1月20日号

SNBペッグ政策の破綻と日銀QQEの比較

  1. 空中分解のように突然終ったSNBのペッグ:日銀資産とどちらが健全?
  2. 中銀資産の膨張はどこまでマネージブルか?
  3. SNBが追い詰められた国内事情は日本ではどうか?
  4. (余談)B級グルメ探訪:名古屋発祥なのに「台湾まぜそば」

2015年1月6日号

「第三の矢」と「大阪商人の気概」

  1. 「アベノミクスの孤立した矢」は避けたい日銀QQE
  2. アメリカにおける産業振興政策議論
  3. テクノ・リバタリアンに通じる「大阪商人の自主自立精神」
  4. (余談)B級グルメ探訪:激戦区大阪のスパイス創作カレー
TOPへ戻る